貸事務所を利用するメリットを徹底リサーチ!

コンテンツ一覧

会社が賃貸物件を借りる

男の人

経費で落とせる節税効果

賃貸物件を契約する時は個人契約と法人契約の2つの種類があります。賃貸法人契約というのは会社などの法人が物件のオーナーと契約します。賃貸法人契約では物件を借りる時にかかる費用を経費で落とすことができます。例えば賃貸契約を結ぶ時は必ず火災保険に加入しますが、その保険料などは経費になるのです。個人契約よりも経費で落とせる費用が多いので、賃貸法人契約は節税効果があります。またオーナー側にとっても個人に貸すより法人の方が安心感があるので、賃貸契約がしやすいというメリットもあります。その代わり賃貸法人契約を結ぶ場合はしっかりした会社組織であることを証明する必要があります。例えば会社謄本や会社印鑑証明や会社案内などです。会社の信用度があれば連帯保証人が不要になることもありますが、必要な時は代表取締役か入居者がなります。賃貸法人契約で多いのは社宅として借り上げる場合です。家賃を支払うのは会社になるので、契約も簡単ですし色々な物件を選んでスムーズに決めることができます。入居者についても会社に所属しているという安心感があり、入居手続きや退居手続きなども社員が入れ替わるだけなので簡単です。会社が社員のために部屋を探す場合、通勤に便利な物件を選ぶ傾向があります。そのような物件は比較的家賃が高くなりますが、経費で落とせるため良い物件を借りるケースが多いです。オーナー側からすれば高い物件を借りてもらえるというメリットがあります。

Copyright© 2018 貸事務所を利用するメリットを徹底リサーチ! All Rights Reserved.